愛情ホルモン〜オキシトシン〜パワー❗️

ホッとするここあtime❗️ 11歩

皆さん、こんばんは🤗
連日、暑い日が続き体調を崩されたりしておりませんか❓
バテたりしないようにしっかり水分補給や栄養ある食事を摂って下さいね。

という私は、最近ところてん、刺身こんにゃく、もずくといった低カロリーな食事ばかり摂ってます💦
体力がちゃんともつかどうかが心配です。

今回のテーマは「愛情ホルモン〜オキシトシン〜パワー❗️」です。

昨日、私の先輩がおっしゃっていたこのですが…子どもとの関わりは「長さ」じゃなく「密度」であるということ。

その時、ハッと気付かされました💦
お仕事をなさっていて、子どもと関わる時間が短いお母さんほど、スキンシップを大切にしているということを。

なぜ、そう言えるのかが気になって調べてみました。

親子の密なスキンシップで愛情ホルモンのオキシトシンが作られています。

このオキシトシンというのは脳内物質の一種で、主に人と親密な関係を深める、愛情や絆を深める、安らぎや幸福感を高めるなどの働きがあります。

子どもの脳と心の成長に、オキシトシンは大事な役割を果たします。

小さい頃から身近な大人とのスキンシップが多かった子どもは、「人って温かくて心地良くて安心出来る存在なんだ」という信頼感や「自分は生きている価値のある存在なんだ」という自尊感情が持てるようになります。

そう実感して成長すると、キレるなどの衝動性や攻撃性が低い子どもに…つまり社会性の高い子どもになることも証明されています。

社会で生きていく中で、幸せという気持ちを感じやすく見つけやすい感性が育っていきます。

スキンシップの基本として…

子どもが求めてきた時に愛情を込めてしっかり抱きしめること。それにプラスして、頭を撫でて褒める、背中を優しく叩いて励ますなど、日常場面でのコミュニケーション的なスキンシップを増やすことが大事になってきます。

子どもの頃にオキシトシンがよく出ているとオキシトシンを出しやすい脳になり、一生にわたって愛情や幸福感を感じやすい脳となるようです。

子どもを強くするオキシトシンの3つの力❗️

①触れる人との愛着関係が強まります。
→オキシトシンの一番の力が、相手への愛情を深め、双方の愛着関係を強めてくれることにあります。
子どもと触れ合うと、子どものオキシトシンが増えるだけでなく、身近な大人の方のオキシトシンもたくさん出ます。
親子で優しい気持ちで関わり合えるようになります。

②学習能力(記憶力)が高まります。
→オキシトシンが出ると一時的な記憶を蓄えておく機能が高まり、記憶力がアップします。
また、心身がリラックスするため、目の前のことに集中できるようにもなります。

③ストレスに強くなります。
→オキシトシンには、ストレスホルモンの血中濃度を下げて、ストレスを抑える効果があることも分かっています。
心拍数や上昇した血圧を低下させたり、不安や恐怖をやわらげて、安らぎの感情を高めたりする働きもあります。

また、皮膚と脳は兄弟姉妹❗️

皮膚は「露出した脳」といえます。

なぜ、スキンシップが脳の育ちを促すのか❓❓

大きな理由は、脳と皮膚が同じ細胞層から作られているからです。

受精卵はある時期にくると3つの細胞層に分かれて、それぞれの層から臓器を作り出していきます。
このうち一番外側の細胞層から作られるのが「皮膚」と「脳」です。
内側に潜り込んだ部分が「脳」、外側に広がった部分が「皮膚」となります。

そのため、皮膚からの情報は直接脳に届きます。
スキンシップで肌が心地良い刺激を受けると、それが脳に伝わって活性化されるというわけです。

つまり、優しく温かなスキンシップは、子どもの脳を心地良く刺激して、情緒や感受性が豊かになるなど、発達に良い影響をもたらしてくれると言えます。

そして、スキンシップの多い子どもほど、その後の自立が早くなります。

「スキンシップは心の栄養」

乳幼児期に笑顔のスキンシップを増やすことで心が安定し、自尊心や人への信頼感も育ち、身近な大人(主にお母さん)を安全基地として、子どもは外の世界にどんどん出ていけるようになります。

自立と聞くと、「しつけ」しっかりしないと…という気持ちになりがちですが、優しく温かなスキンシップこそが子どもの自立への近道ではないかと思います。

スキンシップは子どもにとってメリットがあるだけではなく、身近な大人(お母さん)にも素敵なメリットがあるのは魅力的ですね。

お互いが幸せな気持ちになれるのは、最高の喜びです🎵

愚痴って、、、

ホッとするここあtime❗️ 10歩

みなさん、こんばんは😊
私のブログも3/15から始めて、やっと10歩まできました。
亀さんのように、だいぶゆっくりなペースです💦

ブログを書くようになってから、ブログの内容や書き方、長さ、相手に伝わる方法などいろいろ気を使うところが多くて、思うように書けず悩みっぱなしで、「こんなに大変なんだ」って気付きました。

また、このブログの内容で、周りの方達に役に立っているのだろうか?と考えることもあります。

でもまだ始めて2ヶ月…悩むことはたくさんありますが、ブログを書けることに感謝をして、これからもマイペースに書き続けようと思っております。

今回のテーマは「愚痴って?」です。

最近、また愚痴っぽくなって、「なんで愚痴を言うんだろう」と考えてしまいます。
愚痴はなんの効果があるのかというのにも興味が湧いてきたので勉強してみました。

愚痴って聞くとネガティブなイメージがあると思います。

しかし、愚痴のメカニズムを知ると、マイナスイメージではなくなるかもしれません。

ショックだったことやストレスになることなどは、脳の中では「異物」のようなものです。
その異物を消化したり排泄するために「反復」という繰り返すということを行っています。それが愚痴という形で出ているようです。デトックスの一種と言われています。

さっきのことを話したり考えたり思い出されたりということが、「反復」(繰り返し)です。
なので、愚痴を言うのは、「反復」というわけです。

嫌な夢を見るというのも、顕在意識では取り上げようとしないショックやストレスを、夢の中で消化しようとしている作業といえます。

愚痴を言っている本人も楽しそうでなかったり、聞かされているこちらも気が滅入ってしまったりしますが、見方を変えたらイメージも変わってくるのではないでしょうか。
愚痴というのは、「反復行為をして異物処理をしているのだ」と思えたら、少しはイメージが変わって素直に聞いてあげられると思いませんか。

また、
愚痴に言うことの3つのメリットというのがあります。

①相手から「ストローク」を受けることで、欲求を満たせます。

→人間はいつも誰かに「自分の存在を認めて欲しい」と思っている生き物です。「心の奥底で私のことを理解して欲しい」と望んでいます。そういった心の動きを「ストローク」というようです。

②感情を打ち明けることで、気持ちが楽になります。
→「カタルシス」(浄化)効果が得られるので、心がすっきりします。

③人に話すことで、自分の頭の中が整理出来るようになります。

3つもメリットがあるのです。

なので、もし自分にとって大切な人が愚痴を言っていたら、是非聞いてあげて欲しいと思います。

愚痴を言う相手は、だいたい信頼を寄せている方であると思います。
その人には自分の弱みをみせても受け止めてくれるという安心感があるのだと思います。

しかし、あまり聞いていないとか、反論はタブーです。
せっかく信頼をしてもらってるワケなので、どっしりと構えて「うん、うん、そうかぁ…○○は大変だったね」と聞いてあげるだけ。

もしかしたら、話してる途中から愚痴ではなくなり、前向きな話に変わってくるかもしれません😁

私も愚痴を言うだけでなく、聞いてあげられるようになりたいです。

🎵やる気🎵

ホッとするここあtime❗️ 9歩

「やる気」にさせる!
みなさんこんばんは😊

最近は夏みたいな暑さで、台風並の風が吹いたりして変な天気ですが、皆さん、体調など崩してはいませんか❓
私はちょっぴりやる気が低下してます💦今が堪え時ですね。

今回のテーマは「やる気」です。

人はいろんなことにチャレンジします。チャレンジに対して「出来る」「出来ない」は、「やる気」がとても重要な要素を占めていると私は思います。
「やる気」=「心」があるないで成長の度合いや身に付く度合いもかなり変わってきます。

子どもが「やる気」になるための鍵は、身近な大人が握っていると思います。

本来子どもは好奇心旺盛で、いろいろなことに興味を示し、何でも知りたがり試してみたがるものです。

そんな子どもの気持ちを受け入れながら、身近な大人の方も一緒に子どもの興味に関心を持って共に感動出来るなら、子どもにとって大きな喜びになり、ますます自信ややる気を高めることに繋がっていくでしょう。

そんなやる気の土台を築いていく心得として、

①多くを与えず、不自由を経験させてあげましょう。

→多くを与えすぎると、与えられたことで満足し、黙って口を開けて待っている人間にしてしまいかねません。
物質的なことだけでなく、「ゆったりとしたゆとりの時間」、時には「退屈な時間」を経験させることによって、子どもの主体的な活動を促していくことも必要です。

②子どもに考えさせる機会を与えてあげましょう。

→指示や命令ばかりしてしまうと、言われなければ何もしない・何も出来ない「指示待ち人間」になってしまうかもしれません。

③子どもの冒険する気持ちを十分に受け止め見守ってあげましょう。

→どうしてもしてしまうのが、「先回りした注意」や「危険を避けるための配慮」です。
行き過ぎた配慮や注意は、子どもから可能性を奪っているのと同じです。
子どもは自分で解決できる力は持っています。どんどん経験させてあげましょう。

④子どもの成功を共に喜び、大いに褒めてあげましょう。

→いくらやっても効果の見えないことには、大人だってやる気を失います。頑張った結果としての「成果」が必要で、行動心理学的に言えば「ご褒美」。ご褒美をもらう喜びを体験することが、子どものやる気を高める最高の薬だと言えます。

以上のような土台を作り、後は身近な大人がどう言葉掛けをして、どう接するかです。

また、人間は「暗示」にかかりやすい生き物です。それが「プラスの暗示」なのか「マイナスの暗示」なのか…それによって今後の人生を大きく左右します。

プラスな関わりをするのは、初めは難しいと思います。
まずは、身近な大人が周りを「プラスな見方」をするように心掛けてみましょう。
「マイナスな見方」が先に思い浮かんでも構いません。2番目でいいので、「逆に言えば…」と考えてみるのです。
そのようなクセが身に付けば、プラスな言葉掛けが思い浮かんでくるでしょう。

子どもに対し心からプラスな言葉掛け、つまり「プラス暗示」をかけていくワケです。
ずっと言われ続けることで、本人がだんだんその気になっていくこともあります。最初は根拠のない思い込みであっても、それを信じることで実現化していく力を誰しも持っています。

子どもに対し、より多くの「プラスな気持ち」を言葉にしてあげましょう。

私は、子どものもっとも身近にいる大人、ママさんが一番頑張っているので、ママさんを褒めてあげたいです😊

そんなママさんたちの力が、今の日本が活気付く一番の特効薬ではないかと思ってます🎵