〜フォローアップミルク卒業〜

ホッとするここあtime‼️ 22歩

皆様、こんばんは(^^)
もう今年も残すところあと数日ですね…
12月になり園児さんも増えてきて、ここあはとても賑やかになりました。

少人数こじんまり保育も良かったのですが、たくさんのお友達がいて和気あいあいとした保育も良いですね(^-^)

今回は「フォローアップミルク卒業」についてお話ししてみたいと思います。

フォローアップミルクとは…
離乳食で栄養を摂っていることを前提に、離乳食で不足しがちな鉄分やカルシウム、ミネラル等を補うためのミルクです。
離乳食で十分摂れると考えられる糖質や脂肪分は控えめになっています。

1歳を過ぎると牛乳を飲めるようになるので、そこで切り替える方が多いようです。
まだ缶にミルクが残っていたらそのままフォローアップミルクを飲ませても問題はありません。

※なぜ、1歳前の赤ちゃんに牛乳をお勧めできないのか?
→消化機能が未発達なため牛乳に含まれるタンパク質の分子が大きくて消化吸収が難しく、牛乳アレルギーを引き起こす可能性があるためです。

しっかりとご飯が食べられる(カルシウム、鉄分、ビタミンなど)ようになれば、フォローアップミルクは必要なくなってきます。

フォローアップミルクから牛乳へ移行するステップとして…

○少しずつ牛乳に慣れていく(^^)
→はじめは約50ccを人肌くらいに温めてあげてみましょう。

○バリエーションを増やしてみる(^.^)
→いちご牛乳・バナナ牛乳など味に変化をつけてあげてみたり、ヨーグルトやプリンなどを試してみたり…

急にガラッと替えるのではなく、徐々にフォローアップミルクと牛乳の比率を変えていくと良いと思います。
すぐに移行できる赤ちゃんもいますが…

子どもの好みは成長と共に変化していくので、他に好きなものができたら自然と飲まなくなるでしょう(^^)

ミルクはいずれ卒業できる!

周りの子と比較して、早いか遅いかなんてナンセンスです(*´-`)
無理に離したりやめさせようとしたり、またお母さんが怒ったり不安そうにしていると、敏感に反応してますますミルクをやめられなくなる可能性もあります。

長い目、温かい目で見守ってあげたいですね(^-^)

〜脱、いい人!〜

ホッとするここあtime‼️ 21歩

皆さま、こんばんは(^^)
気が付けばもう師走…今年も終わりの月になりましたね。2016年はどんな年でしたか?
私は今年1年で考え方が変わった気がします( ^ω^ )

今回のテーマはちょっと子育てには関係ありませんが、「脱、いい人!」についてお話ししたいと思いますo(^_-)O

誰でもひとりぼっちは辛いし、周りから嫌われたくないですよね。
だから、つい「いい人」を演じてしまっています(u_u)

いつも周りの顔色をうかがって、相手からの依頼は断れず全部引き受けてしまって、おまけに他人の評価や評判が気になって仕方がない、、、心当たりはありませんか?

誰からも好かれるために、こう在るべきだと自分自身を制限し、自分を押し殺していい人を演じてしまうと…病んでしまうのは時間の問題となってしまいますT_T

私たちは他人の評価や誰かの期待を満たすために生きているのではないのです!

「こんなに尽くしているのに、誰も分かってくれない」

「どうして自分ばかり損な役回りなのか」

そうやって認めてくれない相手を責めてしまったり。

上手くいかないと相手のせいだと考えるようになってしまったり。

それでは自分も相手もお互いに窮屈な思いをしてしまいます。

理想の誰かを演じてしまうと、誰かの人生を生きてしまうことになってしまいます。

正しい生き方なんてないと思いますし、みんな同じである必要なんてないと思います。

「みんな違ってみんな良い」とどこかの標語があったと思いますが、私もこの標語に同感です。

自分の人生は他人に決められるのではなく、自分自身が決めたいですね(^-^)

なので、「他人がどう思うか」ではなく、「自分はどうしたいか、どう在りたいか」ではないかと思います。
誰にとっても「いい人」は誰でもいい人でどうでもいい人になってしまうような気がします。

誰かから認められる行動は、自分自身を追い詰めてしまいます(>_<) 他人の評価に依存してしまうと、他人の人生を生きることになってしまいます(/ _ ; ) 自分の人生を生きるのは誰ですか? 自分の人生は自分が主人公です。 自分は世界の中ではほんの一部かもしれませんが、自分の人生の主人公は自分です(^_^) 相手の行動や言動はコントロールできません。 コントロールできないことは考えても仕方がありません。 「だから考えない」って私は心掛けています。 いろいろ考えて、病んでしまいがちな私なので…(^_^;) 他人から認めてもらうよりも、自分自身が認めてあげる方が出来る気がしませんか? 他人基準より、自分基準で考えてみると、気持ちの持ちようや自分が見える世界が変わってくるかもしれません(^-^)v 「脱、いい人」。今、私が心掛けていること…