〜おかたづけ〜

ホッとするここあtime‼️ 27歩

皆様、こんばんは(^^)
1ヶ月以上間が空いてしまいました。申し訳ありませんでした😢

いよいよ6月に入りました。
梅雨を通り越して夏のような暑さが連日続いていますが、体調を崩してはいませんか?

最近、ここあではたくさんのお友達が来るようになり、お友達同士よくお話をしてごっこ遊びをして賑やかに過ごしています(o^^o)

ここあの子どもたちは絵本をよく読んでます😊
絵本で学んだことは即実行するタイプのようです。

ブームになってきているのは「ななちゃんのおかたづけ」という絵本です。

「ななちゃんのおかたづけ」では、おもちゃさんにも気持ちがあって、おもちゃさんそれぞれ帰りたい”おうち”があるということが描かれています🏠

まず、「おもちゃさんの気持ちを考えてみよう」から子どもたちと話し合いました。
「◯◯ちゃんはおうちに帰れなかったら悲しいでしょ? おもちゃさんもおうちに帰れなかったた悲しいんだよ」
「ここあのお部屋の中にそれぞれのおもちゃさんのおうちを作ろうか?」などなど…

①使っているおもちゃと使ってないおもちゃと分ける。
(「このおもちゃは大好きでよく遊んでいるね」など)

②おもちゃの仲間分けをする。
(「このおもちゃとこのおもちゃはいつも一緒にいるよね」など)

③それぞれのおもちゃの住所を決めて、表札を作る。
(「このおもちゃはここでよく使っているから、この場所に表札を作ろうか」など)

今までは「おかたづけ〜」と声を掛けると、みんなしょぼんとした表情になっていましたが、それを機にお片付けにも気合いが入るようになってきました。
子どもたちは「おうちに帰してあげないと悲しくなっちゃうもんね…」「はい、◯◯のおもちゃさん、おうちに着いたよ〜」と口にしながら、おもちゃさんをおうちに帰してあげるようになりました☺️

なんと今日、寝言でも「おうちに帰ろうね…」と言っている子も出てきました(笑)

「おかたづけ」って義務でもなく、イヤイヤやるものでもないのかなと思います。
また、楽しくおかたづけを出来るのもいいと思いますが、楽しくだけでもダメなのかなと…😢

相手の真意は分からないかもしれませんが、相手の気持ちに寄り添い相手の気持ちを汲もうとする姿勢が大切であると感じます✨

そんな感じ方が自然と出来るようになれたら、おかたづけだけでなく他のことにも役に立つと思います。