ここあの目標!

ホッとするここあtime 45

皆様、こんばんは!

元気でお過ごしでしょうか?

ジメジメとした梅雨空が続いております😢

もう少しで梅雨明けはしますかね??

1年中で梅雨の時期を1番苦手な季節とあげる方も多いのではないでしょうか?

しかし…

雨の音には…集中力がアップしたりリラックス効果があったりと嫌なことばかりではありませんよ😊

少し前にある方と夜間保育のことでお話しをしていた時に、そういえば…こういうことは人に話したことなかったかも…「これはブログに載せようかな」と思ったので書いてみました!!

書きたいと思ったのは以下の2つです。

①よるのほいくえんこころのあくしゅ(以後、愛称「ここあ」とします)をどんなところにしたいのか?

②ここあでの夜間保育の実践から世の中に何を伝えたいのか?

です。

①ここあは保育園という名称にしていますが、保育園というより「おうち」のイメージ…第2のおうちにしたいと思っています😊

おうちはおうちでもどんなおうち?

・子ども達もママもスタッフも、誰もが癒される憩いのおうち🏡

・ありのまま・あるがままの自分で居られるおうち🏘

・ありのままの自分で愛されるおうち🏠

簡単にいうと…みんなが「赤ちゃん」を出来るところにしたいというのが目標です🤱

誰もが、

ワガママを言ってもいいし、

イヤイヤを言ってもいいし、

いっぱい好きなことをして、いっぱい愛されて…そして、愛情貯金がいっぱいになると、人は自然と優しくなれるのです✨✨

こーしなさい、あーしなさいと教えなくても!!

みんなおうちから外に出ると、しっかりしなきゃ・ちゃんとしなきゃいけないって気を張って気を遣ってしまいますよね💦

ずっと気を張って気を遣っていたら…誰でも疲れてしまいます😢😢

やはり人間どこかで気を抜く場所・時間が必要になります。

リラックス出来る場所・時間がなかったら、心が壊れてしまいます😭

だから…気を抜ける場所を作りたくてここあを作ったのです😌

まだまだ発展途上で目標としていることは全然出来ていませんが…

②そして…ここあから何を伝えたいかというと…

私が開園当初からずっと思い描いていること、それは「夜間という少数派も社会を支えている重要な存在であるということを世の中に認知してもらいたい」です!

夜間の仕事は昼間と比較すると働いている人数は少ないし、マイナーな存在でもあります💦

しかし、世の中から夜間の働き方が無くなったら…大勢の方々が大変困ってしまうのではないかと思います😿

例えば、夜間にお腹が空いても、具合が悪くなっても、ストレス発散したくても…開いているお店がないことになるわけです😭

少数派はちっぽけな存在かもしれませんが必要だと思ってます!

これらのことをここあの夜間保育から発信して皆さんに伝えていきたいのです。

夜間保育を利用されているママ達は、夜の酒場で働く方が多くいらっしゃいます。

中には夜の酒場で働くことに対して、後ろめたいと思っている方もいらっしゃいます😢

また、反対されてしまい働きずらいと思っている方もいらっしゃいます😢

本当はそんなことないのに…💦

私が解釈するに、夜の酒場で働く方々は相手に寄り添い支えている大変貴重なお仕事だと思います!

そして私の解釈になってしまいますが…

・お店に訪れたお客さんのストレス発散のお手伝いをしている。

・お客さんが感じた辛かったこと、悲しかったこと、イライラしたこと…逆に自慢をしたいと思うことなど吐き出させてくれる・受け止めてくれる職業だと。

そこで働く方々はカウンセラーに近いお仕事ではないでしょうか😊

そんな大変なお仕事をされている方々に、なぜ世間は良いスポットライトを当てないのか?と思ってしまいます😿

もっともっと大切にされてもよいお仕事だと思います。

なぜ、夜の酒場が昔からあって、生き残っているのか…価値のない仕事であれば、誰からも必要とされず不用不適であるととっくに排除されるし無くなっていると思います。その価値の内容が分かれば納得出来るのではないでしょうか?

そんな夜間働くママさん達・お子様達に寄り添う夜間保育も、全然世の中に知られていませんし偏見だってあります😭

しかし、夜間保育は必要だと私は思っています。

ただ、全面的に肯定は出来ません😢

なぜなら…やっぱり一番安心して欲しい夜の時間は、一番安心出来るママのそばでぐっすり眠りについて欲しいし、ママもそう思っていると思います。

ただ、様々な事情で夜の働きをどうしてもしなくてはならない方もいます💦

それにまた、夜の働き方が合っている方もいます💡

そのような思いで働いているママ達…このありのままのママの気持ちを私は大切にしたいと思っています😊

昼だろうが夜だろうが、子ども達の健やかな成長を願って愛情を持って育てているのはどちらも一緒です!!

昼間と同じくらい夜間も大切にされる世の中になっていくことを目標にして…私はいつまでも夜間帯で働くママ達、子ども達の味方であり続けていきたいです!

夜間保育や夜のお仕事をされているママ達が頑張っている内容の映画やドラマなんかが出来たら、世間が注目するのでは??なんて思ったり(笑)