嬉しかったことと伝えたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッとするここあtime❗️ 2歩
こんばんはp(^_^)q
ひできのひとりごとの時間です?

2日前、偶然に教え子さんに会ってお話ししました?
その教え子さん、私と同じ職業の「保育士さん」を目指しているとのこと。

私は15年前のことを思い出して…あの時は保育士を辞めようか悩んでました。いろいろな人に自分には保育向いてないって言われてたからです?

でも、保育の仕事を辞めなくて良かった。続けてて良かったって思えるようになれました。

それは、その時のクラスの子どもたち、先生たちが「私がここに居ていいんだよ」って認めてくれたから…すごく有り難かったです?

そのクラスの子が保育士目指している…私にとってこの上ない喜びです。

教え子さんに保育士さんになるなら、絶対知っておいた方がいい言葉を伝えたいです。

ドロシー・ロー・ノルトさんの言葉。
「子は親の鏡」

前半略〜

励ましてあげれば、子どもは、自信をもつようになる

広い心で接すれば、キレる子にはならない

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを学ぶ

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ

和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

そのような気持ちで、ありのままの子どもたちと接することが出来たなら、子どもたちはきっと幸せなんだろうなぁ?

その教え子さんには、子どもたちに優しくて心の広い保育士さんになって欲しいと思ってます。

嬉しかったことと伝えたいこと」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です