〜たなばたさま〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッとするここあtime‼️ 36歩

今回のテーマ 〜たなばたさま〜
今は6月の終わり、もうそろそろ七夕の季節ですね(^^)

みなさまがよくご存知の「笹の葉サラサラ〜?」
その「たなばたさま」の歌の歌詞を気にしてみたことはありますか?
歌詞の意味を知ることで、気持ちを込めて歌えるようになると思います?

「たなばたさま」の歌詞の中で、「きんぎんすなご」「ごしきのたんざく」「のきば」などが出てきますが…どんな言葉の意味があるのでしょう??

すなご=砂子と書きます。砂子とは金箔・銀箔を細かく粉にしたもので、蒔絵や色紙の装飾に使われているものです。

次に、ごしき=五色と書きます。5つの色のことで、古く中国の乞巧奠(きこうでん)という行事に由来しています。
五色は青・赤・黄・白・黒(紫)のことを指しています。
それぞれの色には1つ1つ意味があるようですね( ^ω^ )

のきば=軒端と書きます。屋根の端っこの庇(ひさし)のことを指しています。

また、「サラサラ」「キラキラ」と韻を踏んでいたり、歌で1番の最後の文字「ご」→2番の最初の文字「ご」が同じで、子どもが歌い出しやすいようにと作者の思いがあるとのことです?

それでは歌詞の意味を以上のことを踏まえて、訳してみます?

笹の葉さらさら のきばに揺れる
→短冊を飾った笹の葉が夏の夜風によって、サラサラと揺れる様子を縁側から眺めている ます。

お星さまキラキラ きんぎんすなご
→星屑が金銀と砂子のように輝いているのを眺めています。

五色の短冊 私が書いた
→短冊をワクワクして願いを書いたのを表しています。
(「わたし」という言葉には、子どもたちに共感しながら歌って欲しいという気持ちが込められています)

お星さまキラキラ 空から見てる
→1番の歌詞では星を下から眺めている様子を表していたのに対し、2番では空という高い所から星を見下ろしています。

情景や意味などを知ると、なんだか歌うのが楽しくなりませんか?

〜補足〜
また、願い事を書くときには徳を意識すると、願いが叶いやすくなると言われています。
さらに風水的な意味も考慮に入れて色選びをすると、さらに後押ししてくれるようです✨

赤は「感謝」
徳は「仁」で、親やご先祖様への感謝を表しています。
風水では、決断の色と言われています。

青は「人間力」
徳は「礼」で、周囲への感謝を忘れず、自分自身の人間力を高めていこうという意味があります。
風水では、冷静沈着を表し、安心や信頼といった意味があるようです。

黄は「友情」
徳は「信」で、人を信じること、大切にすることを表しています。
風水では、お金を意味しています。

白は「厳守の色」
徳は「義」で、義務や決まりごとを守る心を表しています。願い事に関しても自分で決めた事を守り通す事に向いています。
風水では、人間関係を良くして幸せに導いてくれるようです。

黒(紫)は「勉強の色」
徳は「智」で、学業などの向上を頑張るという意味があるようです。
風水では、持っているだけで強い力を発揮する色と言われています。

今回は「たなばたさま」をテーマにお話をしましたが、これまで育児に関することをブログに書いてきました。
もしご興味がありましたらご覧下さい。
kokoronoakushu1224.com ひできのひとりごと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です