~子どもの自立には幼少期のワガママと甘えが必要~

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッとするここあtime 43

皆様、こんばんは!

長らくブログ書きをせずに時間が空いてしまいました💦

ここあはそんなには多くないですが、元気な笑顔で通ってきてくれる子ども達がいて、こじんまりと穏やかな空間が出来ています!

みんなリラックスしていっぱいワガママを言えて満足そうです😊

今回は「子どもの自立には幼少期のワガママと甘えが必要」をテーマにお話したいと思います(^^)

ママとしては、やっぱり子どもには早く自立してほしいと願いますよね。

そのためにはたくさん甘えさせて、たくさんワガママを言わせてあげることが必要です。

ここあでも「たくさんのワガママと甘えをさせてあげる」ことを大切にしています!

幼少期に言うことを聞いてもらって、たっぷり甘えられた子どもほど早く自立し、大きくなっても親に心配を掛けない人間に育ちます(o^^o)

その反対にしっかり甘えられなかった子どもほどいつまでも手が掛かってしまいます😢

詳しく理由を掘り下げてみると、、、

子どもというものはみんな本来は自立したいものなのです。

そして自立するために子どもは甘えとワガママを繰り返します。

なぜならママや周囲の大人の人達に甘えやワガママを受け入れてもらうことで自己肯定感が育ち、自分に自信が持てるようになり、それが自立を促す力になるからです。

甘えは依存、ワガママは反抗です。

幼少期に依存と反抗を受け入れられる経験があればあるほど、早く自立して思いやりのある人間に育っていきます。

ここあに来ている子ども達は年齢が高い子どもでもいっぱいワガママも言うし甘えもします。スキンシップもいっぱい求めてきます。

逆にそれと同じくらいお友達のこと、自分より小さい子どものことをお世話したいと思ってて、喜んで心を配っているように見えます😋

ある寝かしつけ時、小学生低学年の女の子達が大きくなったら何になる?という話をしていました。その会話を聞いていてビックリすると共に嬉しい気持ちになりました。

「Aちゃんは大きくなったら何になるの?」と聞くと「え~私はお花屋さんと保育士になりたい!」

「そうなの?私も保育士…とマックの店員さん!」とBちゃん。

Cちゃん「ほんと?同じじゃん!私もここの保育士さん、後ね…」と会話が盛り上がっていました。

ただ、どの子も「○○と保育士!」っていう感じで兼任する気持ちみたいですけど…(笑)

その一方、子ども時代にそういう受け入れ経験がないと、自立するのが難しくなり、人に要求ばかりする人間になってしまいます😭😭

思春期や青年期の非行や犯罪は、幼少期に十分甘えられなかった反動の結果かもしれません💦

現実からの逃避だったり…親から満たされなかった優しさや安らぎを外に求め、一見自分を受け入れてくれてるように見える繁華街や酒場などに入り浸ってしまうなんてこともあったりします😢

それにワガママを言えるってことは、ママに自分の思いを素直に言えるってこと。

つまり、子どもがママを信頼している証拠です💡

ワガママいっぱい言われちゃうと、ママとしてはちょっと大変になってしまいますが…😅

子どもにワガママ言わせて受け止めてあげられる素敵な器の大きいのがママなんだなって私は思いますし尊敬します!!

日頃からなんでも言い合える親子関係って素晴らしいですね☀️

普段から言うことを聞いてもらってる子どもは、ママが困るような過剰な要求は決してしません!

そこで、

必要となるのがママの自己肯定感です!

ママも心も体も元気でないとワガママを言わせてあげられませんし甘えさせてあげれません🥲

その自己肯定感はママが自力であげるのは大変なことです💦💦

そういう時には周りの信頼できる大人(子どもでも!)の人が「ママは頑張っているね、素敵だね」ってママのことを認めて励ましてあげるのが1番だと思います。

身近な大人の人(子どもでも)にいっぱい甘えていっぱい愚痴を言ったりして、デトックスしてしっかり充電してもらいたいです!

子育ての主役はやっぱりママだから元気でいてほしい(^^)

ママが元気でなければ、子どもが元気なはずがありません😠

頑張っているママさんへ…

完璧にこなす必要もなければ、特別なことをする必要はありません。

子どもは完璧や特別は求めていません!

ママの元気な幸せそうな笑顔が子どもにとって1番のプレゼントです☀️

子どもと向き合う時間は量より質です。

ちょっとの時間いっぱい愛してあげればいいんです😊

時間がなければお風呂の時間だけでも食事の時間だけでもいいと思います。寝る前に触れ合いタイムを設けるのもいいと思います!ギュッと7秒抱っこも⭕️です!

その限られた時間でも子どもの思いをしっかり聞いてあげて、出来る範囲で願いを叶えてあげれば十分です😋

日常的に子どもの言うことを聞いてあげていると、おのずとママの言うことを聞いてくれる子どもになっていきますよ(^-^) 

最後までお読みいただきありがとうございました✨

過去のブログでご興味のある内容がありましたら、以下にURL貼りますのでこちらからご覧ください( ^ω^ )

ひできのひとりごと | 夜間保育ならホッとする「ここあ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です