子どもを保育園に預けるシステムの紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の経済的不況は、働く女性を多く生み出す要因になっています。夫婦共働きというご家庭も珍しくありません。女性の社会進出という明るい話題もありますが、託児所や保育園などの施設不足問題も浮き彫りとなっています。

待機児童の緩和に向けて、政府が保育業界の援助に乗り出しています。また、各保育施設でも一時保育による待機児童の緩和を行っているのです。相模原駅すぐ近くにある、夜間保育園「こころのあくしゅ」では月極保育はもちろんのこと、一時保育や延長保育にも対応しております。

月極保育について

託児所や保育園と月契約を行い、子どもを預けるシステムです。月単位契約だと就労の有無に関係なくライフスタイルや、ニーズに合わせた利用が可能です。決まった曜日や時間に利用する、月15日以上保育園や託児所を利用したい場合には月極契約がおすすめです。しかし、契約内容は保育園や託児所によって違っているため、前もって確認しましょう。

一時保育について

基本的に認可保育所で行われているサービスを指していて、通常保育とは別の形で子どもを預けるシステムです。対象は主に待機児童の子どもたちで、一時保育が利用されるのは病気や出産、冠婚葬祭などの緊急を要する時、不定期なお仕事や高齢者の介護、通学などで一時的に保育を必要とする場面です。

また、育児ノイローゼによる心身のリフレッシュのために利用するなど、様々な使用目的があります。一時保育を利用する場合は登録料が必要になる可能性もあります。登録内容や利用料金も、各保育園や託児所によって違っていますので、こちらも直接施設に問い合わせて確認する必要があります。

延長保育について

月極保育の時間延長システムで、お仕事の残業によってお迎えに行く予定時間が遅れる場合など、延長保育という形で子どもたちの保育を行っているのです。時間ごとに延長保育の加算システムが決まっています。

神奈川県にある夜間保育園「こころのあくしゅ」では、これらの保育サービスの他にも兄弟姉妹割りサービスも実施しております。また、相模原駅までアクセスもしやすく、南橋本駅や橋本駅からも近場にある夜間保育園です。