楽しい保育園生活を送るために

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめて保育園や託児所にお子様を預ける際、親としては不安がつきものです。「他の子ども達とケンカしたらどうしよう…」「集団生活に慣れるか不安…」など心配する声を多数聞きます。しかし、最も不安に感じているのはお子様自身です。

では、愛する我が子を楽しく保育園に通わせるためにはどうすれば良いのでしょうか。

「保育園は楽しい場所」だと認識させる

保育園には10ヶ月から6歳(小学校就学前)まで沢山の子ども達や先生がいます。これまで大好きなお父さん、お母さんと過ごすのが当たり前だった子ども達にとって、家族以外の人々と長時間過ごすのは緊張してしまいます。また、初めての保育園生活の場合、お子様にとっては緊張の連続です。子どもは精神的にストレスが溜まると、急な発熱や腹痛など、体調不良を訴えやすくなります。ストレスを軽減して安心してもらうためにも、まずはお子様に「保育園は楽しい場所」であると認識させてあげましょう。

積極的にコミュニケーションをとる

子どもにとって家族と触れ合う時間は重要です。家で過ごす時間はもちろんですが、保育園に送り迎えする際も、子どもとのコミュニケーションを大切にして下さい。また、保育園に子どもを迎える時、大好きなお父さんやお母さんが見えるとお子様は笑顔になって大変喜びます。満面の笑みで迎え、「保育園、楽しかった?」と子どもが話している言葉にしっかり耳を傾けてあげましょう。

そうすることで、お子様との距離が縮まってより愛情が芽生えてきます。今度の成長にも大きく関わってきますので、お子様と過ごす時間は積極的に会話をするように心がけましょう。

「こころのあくしゅ」は神奈川県相模原市にある夜間保育園です。月極保育や一時保育はもちろん、延長保育も行っておりますので、仕事が長引いた時にも安心してご利用いただけます。また、兄弟姉妹割や有料オプションなど、様々なサービスを設けております。南橋本駅からもアクセスしやすい距離にございますので、夜間保育園をお探しの方はお気軽にご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です