子供に正しい日本語で会話をする意味とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年では、正しい日本語を使えていない若者が多いと言われています。言葉には流行がありますが、それとは別に間違った言葉の使い方が当たり前になっており、本人も間違いに気付いていないケースが多いようです。子どもに正しい日本語を覚えさせるためには、まず最も身近な存在である親が正しい日本語を使うよう心掛けることが大切です。

子どもは親の真似をする

子どもは親の真似をする

幼少期の子どもは言葉だけでなく、行動や好みまで親の真似をして学習していきます。そのため、親が間違った日本語を使っていた場合は、子どもも真似をして間違った日本語を覚えてしまうことになります。

もちろん、親だけでなく周りの大人や子どもの真似をすることもありますが、最も身近にいる親の影響が一番大きいと言われています。子どもの将来を考えるなら、普段から子どもに話しかける言葉などでも正しい日本語を使うようにしましょう。

国語力は小学校入学前の言葉使いに左右される

小学校に入れば、自然と正しい日本語を覚えられると思っていませんか?確かに小学校では書き取りだけでなく、日本語の発音方法や文章の正しい書き方などを学びます。しかし、小学校入学前の親の言葉の使い方によって、スタート地点が大きく違ってくると言われています。国語力を上げるためにも、子どもに話す言葉は、十分気を付けなければなりません。

早すぎる英語教育に注意!

早すぎる英語教育に注意!

グローバル社会と言われている現代では、早いうちから子どもに英語を学ばせたいと考えている親御さんが多くなっています。幼少期から英語に親しみがあれば、英語を覚えやすいと考える方も多いと思いますが、必ずしもそれが正しいとは限りません。

日本語をしっかりと覚えていない子どもに英語を学ばせることで、どちらの言語も年齢に応じた言語能力が身につかない状態になってしまうことがあります。そういった状態は「ダブルリミテッド」や「セミリンガル」と呼ばれており、英語教育を行う上での問題点とされることが多くなっています。

また、英語との距離を近くするために、日頃から英語で話すようにしている方もいらっしゃいますが、正しく発音されていない場合は、間違って覚えてしまい逆に英語習得の妨げとなってしまうことがあるので注意しましょう。ただ、覚えるのに少々時間が掛かっても最終的にどちらの言語もしっかり覚えられるようになるケースもありますし、正しく教育することでバイリンガルに成長することもあります。

神奈川県相模原市にあるこころのあくしゅでは、夜間保育を行っています。また、夜間保育だけでなく一時預かりにも対応しておりますので、状況に応じてご利用いただけます。夜間保育の料金延長に関してのお問い合わせも受け付けておりますので、夜間保育の託児所をお探しの方はお気軽にご相談下さい。

相模原の夜間保育の託児所なら『ここあ』一時預かりも承ります。料金や延長保育などご相談はお気軽に。

相模原の夜間保育や一時預かりなら【こころのあくしゅ】 概要

運営社名 よるのほいくえん こころのあくしゅ
所在地 〒252-0205 神奈川県相模原市中央区小山3-3-4
電話番号 042-814-7250
URL http://kokoronoakushu1224.com/
業務内容 夜間保育園・託児所
説明 神奈川県で夜間保育園をお探しなら【よるのほいくえん こころのあくしゅ】をご利用ください。一時預かりや延長保育なども承りますのでご相談はお気軽に。詳しい料金等もお問い合わせください。