「なんで?」と繰り返す子ども・・・それには意味がある!

このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉を話し始めた子どもは親に対して、たくさん質問するようになります。好奇心旺盛なことは親として嬉しいと感じると思いますが、あまりにもしつこく何度も同じことを聞いてくると、ついつい素っ気ない態度をとってしまうこともあるのではないでしょうか?子どもがこうした質問を繰り返すことには意味があり、親の対応によって成長を促すチャンスとなることもあります。

子どもには「質問期」と呼ばれる時期がある

子どもには「質問期」と呼ばれる時期がある

心理学の世界では、子どもの3歳から6歳くらいまでを質問期と呼んでいます。「パパ」「ママ」などの単語でしか話せなかった子どもが、3歳頃から2語文になり、知的好奇心から「これは何?」「なんで?」などの質問を繰り返すようになります。

この時期にきちんと向き合い質問に答えることで、子どもの学習意欲は高まり、多くのことに興味を示すようになります。また、質問期はそれほど長くは続かないと言われており、徐々にこうした質問攻めもおさまっていきます。

子どもが繰り返し同じ質問をする理由

子どもは例え一度質問して答えが分かっていても、同じように質問することがあります。これは、知的好奇心だけではなく、親の同じ反応を期待しているからなのです。子どもは大人と違い、繰り返すことが好きなので、同じように質問に答えてあげることで喜びます。子どもが繰り返す質問に対して、叱ったり無視したりしてしまうと、だんだん質問しないようになってしまいます。子どもの質問攻めは親子の大切なコミュニケーションであり、子どもの学習意欲を伸ばすチャンスでもありますので、同じ質問をされてもその都度きちんと答えてあげるようにしましょう。

質問期の子どもと上手に付き合う方法

質問期の子どもと上手に付き合う方法

子どもの成長のためとはいえ、毎日同じように質問を繰り返されたり、忙しい時にしつこくされたりするとストレスが溜まってしまうこともあるかもしれません。しかし、子どもは意外と親の言葉をしっかりと聞いているため、変にはぐらかして答えることは避けましょう。

そんな時は、逆に質問する方法がおすすめです。「なんで?」と聞かれた時に「なんでだと思う?」と答えたり、「一緒に調べよう」などと答えてあげたりすることで、子どもの考える力や分からなければ調べる癖を付けることができます。

調べる方法を教えてあげれば、自分が忙しい時は「調べて分かったら、後で教えてくれる」と言ってあげましょう。調べてきたことが例え間違っていても、自分で調べたことは褒めてあげて、本当の正しい答えを教えてあげることで学ぶ喜びを感じる子どもへと成長します。

八王子市周辺で夜間保育園をお探しでしたら、こころのあくしゅにご相談下さい。こころのあくしゅでは、ご家族の方の想いを汲み取りながら、お子さまが自分らしく成長できるお手伝いをさせていただいております。18時開園の夜間保育園となっておりますので、夜勤などで忙しいお母様やお父様も安心してご利用いただけます。また、一時預かり延長保育にも対応しております。夜間保育専門の託児所をお探しの方やご利用料金、保育プランについて詳しく知りたいという方は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

八王子の夜間保育の託児所なら『ここあ』一時預かりも承ります。料金や延長保育などご相談はお気軽に。

八王子の夜間保育や一時預かりなら【こころのあくしゅ】 概要

運営社名 よるのほいくえん こころのあくしゅ
所在地 〒252-0205 神奈川県相模原市中央区小山3-3-4
電話番号 042-814-7250
URL http://kokoronoakushu1224.com/
業務内容 夜間保育園・託児所
説明 神奈川県で夜間保育園をお探しなら【よるのほいくえん こころのあくしゅ】をご利用ください。一時預かりや延長保育なども承りますのでご相談はお気軽に。詳しい料金等もお問い合わせください。